学生ローン融資のメリットデメリット

お金学生だと銀行や消費者金融でお金を借りることが難しいです。基本的に銀行や消費者金融はお金をきちんと返済してくれる人に融資を行おうとしますし、学生のような社会人でなく収入のない人には貸したくないのです。たとえ学生でなく社会人だったとしても仕事が不安定なことや、ほとんど無職という方だとお金を借りることは難しいといえるでしょう。学生だとなおのこと収入が期待できませんから、お金を借りることはかなり難しいといえます。

では、学生は何をどうしてもお金を借りることができないのかというとそんなことはありません。学生でもお金が必要になることはありますし、このようなケースだと学生ローンの利用が考えられます。学生ローンとは学生を対象にした金融商品の一種で、学生が利用できるサービスです。いざという時の頼りになる学生ローンですが、ここではメリットとデメリットについてお伝えしますからぜひ今後の参考にしてください。

学生ローンのメリット

まず、学生ローンにはいったいどのようなメリットがあるのでしょうか。一つのメリットとして、両親に借金がバレにくいということが挙げられます。学生がお金を借りるときにはたいてい親に黙っていてほしい、家族にはバレたくないと考えることが多いですから、学生ローンを提供している会社としてもそれは理解しています。わざわざご両親に連絡するようなこともありませんし、実家に請求書を送るようなこともしていません。

また、審査が厳しくないというのも大きな特徴でありメリットと言えるでしょう。学生だとアルバイトしかしていないということもありますし、中にはバイトさえしていないということもあるかもしれません。学生ローンでも収入がまったくないという場合だと融資が難しいこともありますが、これも業者によりけりです。週末だけのアルバイトをしているという場合でも収入はあるとみなされますし、審査は基本的に緩めですから学生にとっては嬉しいですよね。

融資実行までのスピードが速いというのも特徴です。早ければ即日融資ということも考えられますし、遅くても翌日までには指定した口座に振り込んでくれるケースがほとんどです。学生がお金が必要という場合だとすぐにでも現金を用立てる必要があることがほとんどですし、学生ローンを提供している会社としてもそうしたニーズにこたえています。会社によって審査スピードはまちまちですが、スピード融資に強みを持つような学生ローンサービスだと即日、もしくは翌日までに融資してくれることがほとんどです。

学生ローンのデメリット

次にデメリットについて見てみましょう。デメリットとしては金利の高さが挙げられます。学生ローンを扱っている会社はたくさんありますから一概には言えませんが、銀行カードローンなどと比較するとやや高い金利を設定しているケースがほとんどです。実質金利が15~18%となっていることが多いですから、これは銀行カードローンと比べると高い金利と言えるでしょう。金利が高いとなるとどうしても返済額が多くなりますからこれはデメリットです。

また、返済が遅れてしまうと実家に郵便物が送られてしまう恐れがあります。学生ローンを利用している方の多くは実家の両親に借金していることを知られたくないはずです。借金していることがバレたら親に叱られてしまう、何を言われるかわからないと思っている方も多いでしょうし、自宅に督促状などの郵便物が届くことを何より恐れている方もおられるのではないでしょうか。学生ローンはあくまで借金ですから、督促の電話や請求を無視しているとやがて実家に督促状などの郵便物が届いてしまう恐れがあります。きちんと返済はしましょう。

基本的に限度額が少なめに設定されているというのもデメリットかもしれません。やはり社会人ではなく学生ですから、あまりにも限度額が高すぎると返済できなくなってしまう可能性があります。そのため、学生ローンの多くは限度額を低く設定していますし、その範囲内でキャッシングすることになるでしょう。最高額は会社によってまちまちですが、50万円くらいが多いのではないでしょうか。会社によってはもっと低く、20万円や30万円までの限度額になっていることもあります。学生ということを考えると妥当かもしれませんね。

学生ローンの申し込み方法

実際に申し込むときの方法ですが、直接金融会社に足を運んで対面で契約することもできますし、電話やインターネットでの申し込みもできます。最近ではもっぱらインターネットで申し込みするケースが多いと思いますし、もっとも手軽な方法と言えるでしょう。身分証明書があれば申し込みできますし、身分証明書のコピーや画像を送るだけで審査してもらえます。

借入の方法ですが、基本的に学生ローンを提供している貸金業者は専用のATMなどを配置していませんし、融資は振り込みとなるケースがほとんどです。店舗で直接借りるということも可能ですが、初心者にはハードルも高いでしょう。事前に振込先の銀行口座を指定しておくことで審査が終わればそちらに振り込みしてもらえます。コンビニやスーパーなどにあるATMからも引き出すことができますよ。

まとめ

迫る返済日学生ローンに関するメリットとデメリット、利用方法などについてご紹介しました。学生だとコンパやサークルの活動などでお金が必要になることもありますし、生活費が足りなくなることもあるでしょう。アルバイトをしながら大学に行っているという方でもついお金を使いすぎてお金が足りなくなるということも考えられます。そのようなときに学生ローンは強い味方になってくれますから、こうしたサービスがあるということは覚えておくと良いでしょう。

ただ、先ほどもお話したかもしれませんが学生ローンは借金であることには違いありません。返済が滞ってしまい、しかも督促の電話などを無視していると自宅に督促状や電話がかかってくる可能性もあります。そんなことにならないよう、計画的な利用を心がけましょう。現在ではいろいろな学生ローン商品がありますから、それぞれの学生ローンの特徴を比較しつつ選ぶことをおススメします。

Related Posts**

  1. ネットで学生ローン
  2. 返済の仕方